お気に入りのグルメ料理は、何度も食べたくなりますね。

お気に入りのグルメ料理は、何度も食べたくなりますね。

グルメは知っている懐石料理と会席料理の違い

PAGETITLE
懐石料理と混同しやすい会席料理。懐石料理は、茶の席の質素な料理のことで、千利休によって形式が整えられました。質素であることを一番に考え、禅宗の僧が抹茶と一緒に食したことが始まりと言われています。いわば茶を楽しむ為の料理とも言えます。これに対して会席料理は酒を楽しむための料理と言え、宴席に主に用いられます。本膳料理の流れを汲む会席料理は大事な場面で用いられる料理として広く知られているでしょう。

しかし、会席料理の基本的なマナーを知っていないことで思わぬ恥をかくこともあります。グルメの方は当然知っているものでも召し上がる機会が少ない方はマナーに関して知らない方も多いかもしれません。日本料理の席では、刺身の小皿や小鉢、汁物のお椀、お重やどんぶりなどのように手に持って良い器と、刺身や焼き魚、揚げ物の皿、大鉢の皿などの持ってはいけない器があります。持つ場合は、器を両手で持ち上げます。そして左手の親指以外の指で器の底を持ち、親指で器を支え、右手を離して左手で持つのが基本です。小鉢や小皿は胸元まで引き上げます。ありがちですが、手を受け皿代わりにする方もいますが、これはマナー違反です。